2017年05月03日

魅力的な図書館でした〜紫波町図書館

ライブラリー・オブ・ザ・イヤー2016を受賞した
紫波町図書館を訪問してみました。

紫波町図書館は、オガールプラザの中核施設で
隣の産直「紫波マルシェ」で図書館にあるレシピ本の
紹介もしているユニークな図書館です。
DSC_0429.JPG
明るく、見やすい図書館です。
入口には、ベビーカー、本をいれることができるカート
があります。
児童書、民俗学、農業コーナーが充実しており、小説など
は作者順に整理されています。分類法って、結構わかり
ずらいので、直観的に本を探せるのはうれしいですね。

ちょうど企画展をおこなっていて「科学道100」という
ことで、科学に関する本を紹介していました。
普通に過ごしていると新しい分野の本を読まないので、
こういう風に企画してくれると読書の世界も広がります。

今回訪問して感じたことは、図書館が地域活性化のハブ
(市民、行政、学校、民間企業)となり、図書館職員が
意思をもって運営してるということです。
全国からも注目される紫波町図書館は、図書館でつながる
という成功例でした。

逆のパターンとしては、図書館から司書がいなくなり、
数年ごとに入れ替わる市職員が運営し、お金も人もなく、
地域から知が喪失していく状態だと思います。






楽天ブログで、東北のドライブ、おいしいもの情報など発信してます。
http://plaza.rakuten.co.jp/tonpoo/



https://room.rakuten.co.jp/healthyfunlife#/items
楽天ルームで気になるものを紹介してます。















ラベル:紫波 岩手 図書館
posted by ton_poo_rou at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック