2015年10月03日

マイナンバー詐欺が活発化〜自衛しないと…

10月になり、マイナンバー詐欺が活発化しているとTVで
報道されています。

「マイナンバーのセキュリティ対策に70万円かかる」
「個人番号が流出した可能性があるので、氏名、生年月日を」
市役所、警察をなのっていたりします・・・

基本的に詐欺なので、この手順で。
1.所属部門と氏名を確認し、電話を切り
2.まず、マイナンバーコールセンターにかけて
  こういう電話があったと相談
  0570-20-0178 市や県のホームページにも掲載されているはず
  ここで詐欺かどうかの確認してくれれば完了
3.タウンページで電話番号を調べ、所属部門にかけ、
  〇〇さんからこういう電話があったがと呼び出して確認


マイナンバーのキャラクターのマイナンバーうさぎで、
その時点でマイナンバーぅ詐欺という、胡散臭いもの
ですが…


以下、以前にのせた記事です。
*******************************************
詐欺グループの次の標的は、「マイナンバー」のようです。

「〜これほどオイシイ情報に直結した制度は今までになかった
からね。古典的な手法から、まったく新しい手口までいろいろ
なパターンがでてきそうだ。マイナンバー詐欺は、間違いなく
今後一番の流行になるよ」
・・・9/19 「週刊現代」より

国民のほとんどがマイナンバーを理解していない状態で、詐欺
グループが理解をすすめ、着実にカモにしようと狙っています。

とりあえず今年の10月から、「マイナンバーを使った節税法」
「マイナンバーが流出してます」「マイナンバーを確認させて
ください」といった電話が増えそうです。

さらに、銀行口座、クレジットカード、年金、保険を紐づけられ
ると、詐欺にひっかかったら丸ごと財産をとられた上、借金を
させられるかもしれません。


政府は、省庁-役所間ではマイナンバーそのものは使わず連携
するといってますが、民間企業、各種会員カード申請時など
厳重なセキュリティ対策をするとは思えません。
さらに一番怖いのは、個人情報をよくしってる知合いがマイ
ナンバーカードをなりすまして使うことです。本人確認を通過
すれば、クレジットカードを作って遊びまくられるのもありです。


ちなみにマイナンバー先進国のアメリカでは、あまりに流出、
なりすましなどの犯罪が多いので、制限する方針に切り替えて
います。
アメリカ国防総省は、マイナンバーの使用をやめました。
⇒日本の公的組織、民間会社が、アメリカ国防総省より高い
 セキュリティを保持してるとは、到底おもえませんが…
posted by ton_poo_rou at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | おいおい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック