2014年02月17日

国士舘やきとり〜東京駅弁

駅弁を買った時に、見つけたのが「国士舘焼き鳥
なぜ、国士舘で焼き鳥なのか不思議だったのですが…
ネットで調べたら
DSCF9397.JPG
浅草 蔵前に国技館があった頃から60年の歴史ある焼き鳥だそうです。
鶏は2本足で立ち、手をつかないことから、相撲界では縁起物とされて
きたそうです。
作られているのは国技館の地下、土俵の下に「焼き鳥工場」があるそうで
専用の全自動焼き機で作られているそうで、観戦中に食べるため、
「冷めてもおいしい」ことにこだわり、6回 たれに漬けるなど工夫を
されているそうです。
お土産用としても人気が高く、ファンの声に応えて日本相撲協会は、
年3度の東京場所中のみ国技館内で製造、販売している焼き鳥を、
東京駅でも販売が始まったそうです。

5本入り、600円、1本120円なので価格もそれほど高くありません。
DSCF9398.JPG
もも肉(だと思います)もつくねも味がしっかりして、お肉もクサミが
なくておいしいです。
冷めていても本当においしくて…

新幹線に乗る時に、ビールとこの焼き鳥で晩酌ってのも良いですね。


by shao_ron_poo






秋田特集のブログ「秋田をもっと盛り上げたい」です。
http://motto-akita.seesaa.net/

楽天ブログもやってます。
http://plaza.rakuten.co.jp/tonpoo/


★ 最後まで読んでくれてありがとう!
★ よかったら応援のクリックをポチッとお願いしま〜す♪
  ↓

秋田市 ブログランキングへ













posted by ton_poo_rou at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック