2009年08月24日

皆が安全じゃないから、事故が少ない?

秋田市に転勤してきて驚いたことは、人・自転車・車が
お互いに事故を恐れずに動いているということです。


80km以上で通行する車が行きかうバイパスを、
走ってわたる人・・・時々、死亡事故が発生。
車がそこまで来ているのに、会釈しながら横断する
老人。

横断歩道を渡ってる人に、ひいてもいいやという
感じで突っ込む車。

歩道から対向車線の車に接触しそうになりながら、
突進する自転車。


常に事故と隣り合わせの緊張感の中で暮らしている
から、事故が抑制されているのかも?

ちなみに自分は月1回くらい、完全赤信号で突っ切る
車をみてるので、青信号でも左右を確認する・
信号待ちでは電信柱などの陰になるようにしたり
車道からなるべく離れるようにしてます。



ラベル:秋田
posted by ton_poo_rou at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 残念な秋田のコーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック