2009年06月30日

秋田県教育振興会が8億円超の不正・不明借入金

秋田県教委が所管する財団法人「秋田県教育振興会」が
偽造した決算書などを提出し複数の金融機関から融資を
受け約8億円以上が使用不明になっているそうです。

河北新報の記事
http://www.kahoku.co.jp/news/2009/06/20090625t43022.htm


謎の部分
 ・鍵となる理事長は4月に死亡
 ・理事とされ議事録にも出席者としてかかれた人物は
  名前を勝手に使われた模様
 ・秋田県とのうその契約書で金融機関から融資を受けて
  いたということだが、秋田県→秋県、公印が異なる
  などの偽造書類を簡単に金融機関が通した


県の調査では、事業の赤字額と借入額がほぼ一致としているが、
事業内容は、
 ・教育雑誌「風土」(1部1300円)の発行
 ・教職員の旅行研修は実態がない
 ・県生涯学習センターでの研修も、会場申し込み自体が
  存在しない
つまり、1部1300円の雑誌を発行(全体で何号、何部?)
しただけで8億円もの借入金が納得できるわけはないですね?



ぜひ、新しく県知事となった佐竹氏には、この闇を暴いて
ほしいものです。
さらに8億円もの借入金は、金融機関の杜撰な審査による
もので、県民の財産は1銭たりとも使わないでいただきたい。
・・・実際、県と取引があると騙った会社に、裏を
   とらずに融資したというだけですよね。


県職員、県教育委員会、金融機関など、不自然な点が多い
ですね。



秋田特集のブログ「秋田をもっと盛り上げたい」です。
いい面だけでなく、オイオイということもとりあげてます。
http://motto-akita.seesaa.net/









ラベル:秋田 不祥事
posted by ton_poo_rou at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 残念な秋田のコーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック