2009年04月05日

北朝鮮の飛翔体が発射、太平洋に通過のニュース

先ほど北朝鮮から飛翔体が発射され、日本上空を通過した
というニュースが発信されました。



ひとまずは、国土、国民に損害がなくてよかったです。


4日午後の誤報の際は、秋田の役所では「疲れた。明日も
同じことをしなければいけない」とうんざり顔と毎日新聞
に掲載されていました。
 →こういう時は本音ではなく建前で、「県民に被害が
  なくてよかった。本番相当の訓練ができたと前向きに
  考え、今後も警戒にあたりたい。今回の誤報を受けて
  国側で原因の特定、改善を臨む。」くらい言って
  ほしいものです。



今回の日本国としての対応は妥当なものだったと思います。


今後の対応を注目したいと思います。
 ・迎撃体制の整備(今回飛翔体の分析、迎撃システム)
 ・今回の自治体連絡システムの改善
 ・北朝鮮への圧力(国際社会、アメリカ、日本)
 ・日本の国土に落ちた場合に、手痛いしっぺ返しするという
  意思表示


・・・ちなみに、マスコミはまたお祭り騒ぎでしたね。
   政府の発表に対し、何度も同じ内容の質問を繰り
   返したり、ジャーナリストらしい切り口がなかった
   気がします。
posted by ton_poo_rou at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | おいおい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック